有害ミネラルとは?排出促す栄養素についても解説!

有害ミネラルとは、人体に悪影響を与える重金属のことです。代表的なものとしては、水銀・鉛・カドミウム・ヒ素・ベリリウム・アルミニウムなどが挙げられますが、これらの重金属は食べ物や水、大気中などに含まれます。

普通に生活している以上は、飲食や呼吸などを通して一定の有害ミネラルが体内に蓄積されていきます。人間には、尿や毛髪、爪などから有害ミネラルを排出する機能が備わっていますが、有害ミネラルは海産物に比較的多く含まれているため、日本人は欧米人と比べて蓄積量が多いと言われています。

しかし、豆類・玄米・ニンニク・タマネギなどに含まれるシステイン、ゴマや高野豆腐などに豊富なメチオニン、ナッツ類やレバーなどに含まれるセレンなどの栄養素は有害ミネラルの排出を促してくれます。

有害ミネラルの蓄積量が多くなると身体に様々な不調が起こるため、その排出促す栄養素を積極的に摂取していくことが大切です。

サプリメントとストレス

現代人は、時間に追われるような日常生活の中で、十分に食事の時間を設けたりするような時間的余裕もなく、ファーストフードや加工食品に頼らざるえない状況を抱えているようにもみえますが、それらの現代的な食事風景に癒しが足りないとすると・・、もしかしたら、栄養素的な部分を示しているのかもしれません。近代的な暮しの中で、失ったものとして農畜水産物の栄養価が多くの研究者たちから懸念の声があがっているようです。

そこには、農薬、化学肥料、成長促進剤などの乱用によって、農作物を生み出す土壌が非力になってしまったり、地球的規模で問題となっている海洋汚染などが、常に問題点として浮上してきます。

現代人の暮らしぶりには、栄養素が不足しその補填としてサプリメントが市場に出回るようになったのかもしれませんね。

本来は、人間にはストレスや疲労などから受ける活性酵素などのダメージから身体を防御するようなメカニズムが備わっているようなのですが、その人間の浄化力自体も、ストレスフルな現代人の暮らしの中で、どうやら身が持たないと愚痴を溢しているようにも感じます。サプリメントは、人間の浄化作用を活発化させる癒しであるのかもしれません。

タマネギ

タマネギを切ると目が痛くて涙が出ますよね。これは、硫化アリルというイオン化合物の作用によるものです。硫化アリルは体内でビタミンB1と結合し、疲労回復物質となります。

ポリフェノールも豊富に含まれています。他にも、消化液の分泌を助けて食欲を増進させる効果や、血液の凝固や血管を詰まらせてしまう血栓の予防、コレステロールの増加を抑制して動脈硬化を予防、免疫細胞である白血球やリンパ球が効率的に活動できるようになるため、免疫力アップの効果、新陳代謝が活発になることで老廃物を排泄し脂肪を燃焼させてくれるといった効果が期待できるでしょう。

また、硫化アリルは体外から侵入した異物や、体内で作り出されたがん細胞を撃退するNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを活発にしてくれるとされています。

神経痛がつらい人に有効なサプリ

神経痛というのは病気によって、受診する診療科が違うので、主治医などに尋ねるのがいいでしょう。日常でできる予防というのは、やはり冷えから身体を守ることです。冷えによって血行が悪くなってしまうと、痛みに対する感受性が高くなってしまうからです。

冷房の効いた部屋に長時間いる場合は、上着や靴下などで冷気が入り込まないようにする必要があり、デスクワークの合間にはからだを動かすことも大切です。

寝る前にはゆっくりと入浴して、からだを芯から温めるようにしましょう。サプリとしては末梢神経の修復を助けるビタミンB12があるといいです。血行を促す、ビタミンEやイチョウ葉エキスが有効であり、痛みが出たらカイロなどで温めると楽になあります。

イソフラボンのサプリについて

エストロゲンというのは、更年期障害に深く関わっているそうです。エストロゲンが少なくなってしまうと、イライラやのぼせ、頭痛などの症状が出てくるそうです。イソフラボンがエストロゲン作用を補うことで、更年期障害特有の症状を軽減することができるという報告もあるそうです。

のぼせやむくみなどが軽くなるのはいいですね。また過剰なエストロゲンが乳がん発症のリスクを高めてしまうということで、これを抑える効果も期待できるそうです。Ⅱ型糖尿病、更年期障害ののぼせなどに対しての有効性が示されているそうです。

サプリとしては大豆を原料とした大豆イソフラボンと表示されているそうです。大豆イソフラボンにはダイゼインという成分が含まれているそうですが、これが腸内菌の力によってエクオールを作るそうです。エクオールを含んだサプリも開発されているそうです。

唐辛子

唐辛子は、メキシコ、南米が原産のナス科植物でピーマンやパプリカも唐辛子の仲間です。唐辛子に含まれているカプサイシンという辛味成分が健康によいとされています。意外と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも江戸時代には漢方の一つとして重宝されてきたのです。唐辛子には新陳代謝を高める効果があるのですが、この代謝アップが様々な健康サポートにかかわっています。代謝がよくなることで体を温める効果が出てきます。体が温まると血管が拡張されて血行促進につながります。血流改善にも作用がありますので、一時的な体温上昇のみならず、冷え性を根本的に改善する事にもつながると言えるでしょう。ただし、カプサイシンには発汗を促す作用もありますから、かいた汗をそのままにしてしまうと体温を下げてしまいますので注意が必要ですね。

ウコン

ウコンは、東インド原産のショウガ科ウコン属の植物です。カレーの色付けに用いられるスパイスで、別名ターメリックとも呼ばれますね。世界中には約50種存在すると言われており、日本では一般的なウコンとして秋ウコン・春ウコン・紫ウコンの3種類があります。通常、ウコンと言えば秋ウコンを指します。カレーの色付けに用いられるとお話ししましたが、色の元となる色素成分クルクミンには、強い抗酸化力があります。秋ウコンは肝機能の向上、コレステロール値の低下が効果として期待されます。春ウコンよりもクルクミンを多く含みます。また、薬用養命酒では生薬の一つとして配合されています。一方春ウコンは、クルクミンは少ないものの精油成分を豊富に含んでいるのが特徴と言えます。沖縄では古くから民間療法として利用されてきたポピュラーな薬草です。医薬品原料としては認められていません。最後に紫ウコンですが、生薬名では「ガジュツ」と言います。

ウーロン茶が持つ作用

ウーロン茶に含まれるカフェインには、尿量を増やして体内の水分を排出させる作用があります。余計な水分が出来てけば、むくみ対策にもつながるでしょう。ただし、飲み過ぎはかえって水分不足を引き起こしかねませんので、注意しましょう。飲み過ぎると、カフェインの影響で頭痛・緊張感・不眠・嘔吐・下痢・興奮・不整脈・震え・胸やけ・めまい・耳鳴り・けいれん・意識混濁など様々な副作用が考えられます。妊娠授乳期の方は、摂取は控えめにしてください。飲み過ぎると、早産や出生時低体重など新生児への影響が考えられます。また、子どもには与え過ぎないように注意してください。エストロゲンを含む薬、血液を固まりにくくする薬、うつを改善する薬(MAO阻害薬)、血糖値を下げる薬、抗生物質(キノロン系)、避妊薬など飲み合わせには注意が必要な医薬品もあります。服用している薬がある場合は、必要に応じて医師または薬剤師に相談すると良いでしょう。

ホスファチジルセリンについて

ホスファチジルセリンというのは脳や神経組織に多く含まれ、リン脂質の一種で、ヒトの脳の全リン脂質の約18%を占めます。脳に関係ある成分であり、頭が良くなるのなら積極的に摂りたいと思ってしまいます。

ホスファチジルセリンは血液凝固反応で働くことが知られ、さまざまな生理機能に関与しています。大豆を原料とした高純度の植物性ホスファチジルセリンを作り出すことが可能になった後はサプリの原料として活用されているそうです。

これらは加齢による認知機能の低下や記憶障害、アルツハイマー病に対して、有効性が示されているそうです。ホスファチジルセリンの投与で認知機能および評価スコア全般が改善されたという事例があり、高齢者の注意力、覚醒、言葉の流暢さ、記憶の改善などが認められています。一方で過剰摂取だと減弱して16週以上の摂取で症状を抑える効果がなくなるそうです。

コンドロイチン硫酸の働き

コンドロイチン硫酸は体内の様々な組織に存在します。その中でも結合組織や関節液などに多く含まれ、肌の保湿や水分調節に働いています。その為、コンドロイチン硫酸の働きというのは主に水分の保持、水分の調節、物理的な刺激に対する吸収剤になります。

コンドロムタンパクは老化とともに減少し、保水性のあるコンドロムタンパクが減少するという事は、皮膚の老化に繋がります。例えば、皮膚のコンドロムタンパクが少なくなれば皮膚が乾燥し、しわができ、肌がカサカサになってしまうのです。

この事から、アンチエイジングにコンドロイチン硫酸の補給が役立つと期待されているのです。サプリメントとしての安全性については、一般的には安全なようです。しかし軽度の胃痛や吐き気を起こす事があるとされています。稀に、下痢、便秘、まぶたの腫れ、不整脈を起こす事もあるようです。現在の製品はサメ軟骨由来のものが一般的となっています。

市販では、マンガンを過剰に含んでいる製品も見受けられる為、信頼できる製品については、医師もしくは薬剤師にご相談ください。妊娠授乳期の方、喘息、前立腺がん患者、前立腺がんのリスクが高い方は使用を控えてください。